日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

青少年赤十字国際交流事業

 11月15日(日)当支部・研修室で、青少年赤十字国際交流事業が開催されました。
 本来なら、11月2日~4日の2泊3日、東京都で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響でWEB開催となり、各県代表1名参加からグループ参加という形になったことから、新田高校の1年生メンバー3名が参加しました。
 国内41都道府県と東南アジア20の国・地域からオンラインで集い、各県・国の名物や活動紹介に始まり、「COVID-19の中、今、自分たちができること」について英語を交えて話し合いグループごとにまとめました。
 ニューヨークで医師として活動しておられる永井先生の体験談から、正しい情報やポジティブな考え方の重要性、自分らしくあり続けることの大切さを再確認したメンバーたちは、国を越えて互いに助け合っていこうと絆を深めていました。
 参加メンバーにとって、英語が少しでも話すことができれば、積極的に話していけば、自分の世界はもっと広がることを認識した一日となりました。

   

青少年赤十字/2020年11月16日
寄付する