日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

「世界救急法の日(ワールド・ファーストエイド・デー)2019」のイベントを開催しました!

 令和元年9月9日(日)、『人間のいのちと健康、尊厳を守り、苦痛の予防と軽減に努める』という赤十字の理念のもと、救急法等講習を多くの方々に普及し、赤十字を身近に感じていただくことを目的とし、「世界救急法の日(ワールド・ファーストエイド・デー)2019」のイベントを開催しました。
 当日、会場となったエミフルMASAKIの赤十字イベントブースには約420名の来場がありました。「心肺蘇生・AED体験コーナー」では、今年も多くの方にご参加いただき、お子様も含めて心肺蘇生の方法やAEDの使い方などを体験されました。体験された方々からは、「AEDは習うと簡単に操作できますね」、「乳幼児に対する心肺蘇生の方法は勉強になった」などの感想を頂きました。
 また、キッズ救護服撮影コーナーなどには多数の子どもたちが集まり、賑わいをみせていました。
 ご参加いただきました皆さま、開催にあたりご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。皆様も、いざという時のために、日本赤十字社愛媛県支部で開催している救急法等講習会を受講してみませんか?

 

 

ニュース/2019年09月13日
寄付する