日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

松山赤十字看護専門学校生徒が災害救護演習を実施しました!

    9月26日(月曜日)、道後温泉で有名な愛媛県松山市の道後地区にある公園で松山赤十字看護専門学校3年生が災害発生の想定で救護訓練を実施しました。

 今回は「災害看護論」という科目で、災害現場でどのような救護活動ができるかの演習を行いました。

 災害時は電話や携帯などが使用できなくなることもあります。そのために無線機の取り扱い方、無線での伝達方法や救護資材の使用方法を学んだ後、地震が起きた時を想定して自分たちが何をすべきか考え、行動しました。学生らは、素早い判断で次々と訪れる負傷者の程度を見て、搬送後、赤十字のテントの下で応急救護を行っていました。

 災害は明日起こるかもしれません。学生たちは防災意識を高めながら、被害を最小限にできるような行動を身に付けるともに、今回の経験や知識を将来に生かし、実際に災害時に活動できる看護師になっていただけることを願っています。

_dsc6045  dsc01427

dsc05761 _dsc5960      

 

 

講習/2016年10月04日
寄付する