日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

今治・越智青少年赤十字研修会

10月25日(火)今治市立菊間小学校で、今治・越智青少年赤十字研修会(主任会)が開催されました。今年も「まもるいのち ひろめるぼうさい」をテーマに、16校から20名の指導者が参加されました。

最初は5年松組の公開授業で、総合的な学習の時間で「災害から身を守ろう」をテーマに、スーツケースに入れて避難所に持って行く“モノ”を所持品から選択するワークに取り組み、災害に対する事前の備えはとても重要だと言うことを学んでいました。

 次に、児童と指導者が混在したグループに分かれ、防災教育グッズ「いえまですごろく」(日本赤十字社愛知県支部作製教材)を体験しました。遭遇するハプニングに対応する行動をカードから選んで、正解すれば先に進める場面がたくさんあり、児童と指導者が力を合わせて取り組みました。

 最後に、当支部職員が本教材の概要、プログラムの趣旨やねらいの説明と、本教材を通して、子どもたちには「日常」に限らず「非日常」の災害時のコミュニケーション能力の大切さに「気づき、考え、実行する」ことを学習して欲しいと伝えて、研修を終えました。

 本教材に関する研修につきまして、ご希望がありましたら可能な限り対応させていただきますので、是非、お問い合わせください。

dsc02504  dsc02505

dsc02507

青少年赤十字/2016年10月28日
寄付する