日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

「第55回愛媛マラソン」へ医療・救護チームを派遣しました!

 

「第55回愛媛マラソン」が12日、松山市で行われ、救急法等指導員が在籍する「愛媛県安全赤十字奉仕団員」が医療・救護チームのボランティアとして参加しました。当日は、天候にも恵まれ、参加者は練習の成果を存分に 発揮できたと思います。フルマラソンでは、ゴール等でラストスパートをかける選手も多く、急激なラストスパートは心肺に過度の負担をかけるためゴール地点に倒れこむ選手が少なくありません。赤十字奉仕団は低体温症で意識朦朧として、治療や搬送が必要な選手を救助活動を行い、当日には心停止など重篤な事例は発生しませんでした。選手の皆様、関係者、救護者、沿道の観戦者の皆様、本当にお疲れ様でした。今後も、赤十字奉仕団の活躍にご期待下さい。

 

 

 

ボランティア/2017年02月16日