日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

愛媛県水産会館で赤十字救急法短期講習を開催しました!

「愛顔つなぐえひめ国体」事前競技がはじまりました!

 9月12日(火)、愛媛県水産会館で 「愛顔つなぐえひめ国体」にて医療救護班として従事する県実施本部員を対象に「赤十字救急法短期講習」を開催し、受講者は心肺蘇生とAEDの使用法、観察の基本、搬送について学びました。

 救急現場における観察は、傷病者の状態を把握することが主な目的であり、十分な観察によってある程度、重症度や緊急度の判断が可能です。

 医療救護班は、傷病者を発見した際、速やかに様子を観察後、必要に応じて救護本部と連絡を取り、迅速な手当が必要となります。

 皆様も、いざという時のために、日本赤十字社愛媛県支部で開催している救急法等講習会を受講してみませんか?

 

講習/2017年09月15日