日本赤十字社愛媛県支部

新着情報

平成30年7月豪雨災害にともない、被災地にラップポントイレを搬送・設置

 西日本を中心に大きな被害が出ている「平成30年7月豪雨災害」にともない、被災地へラップポントイレを搬送・設置いたしました。

 ラップポントイレは水を使わない自動ラップ式トイレで、水が使えない被災地でも衛生的にトイレをすることができます。

 今回は被害が大きかった大洲市、宇和島市、西予市の避難所や診療所等16カ所に75個のラップポントイレを設置いたしました。

 

 

災害救護/2018年07月19日
寄付する